note_ラインナップ

商品特徴の比較

パラメーター_full_2

【一般的なケールとにんじんの葉の特徴】
ケールには、糖尿病など生活習慣病の予防や改善に役立つことが知られています。ケールやにんじんの葉にはフラボノイド系の栄養成分が豊富で抗酸化作用や免疫活性作用が報告されています。近年では外食などでの高脂肪食やスイーツやジュースなど高果糖食品を食べる機会が増えており、肥満や肥満による代謝異常が問題となっており、これらのような緑黄色野菜の機能性は現代のヘルスケアにおいて期待されています。

【一般的な赤しそと生姜の特徴】
赤しそにはアントシアニンが豊富で非常に高い抗酸化作用が報告されており、老化の影響がもっとも出やすい肝臓や腎臓、血管などの臓器の保護効果が知られています。また赤しそに含まれるロズマリン酸はアルツハイマーや認知症への予防効果や神経保護作用が期待されています。生姜にはショウガオールやジンゲロンなど免疫や筋肉痛予防など体調管理に有効な栄養が豊富で、古くから漢方としても利用されてきた野菜です。

【一般的な7種の野菜の特徴】
ほうれん草は、カロテンが豊富で緑黄色野菜の代表とも言える野菜です。鉄分が豊富で貧血やアスリートでの鉄分補給として取り入れやすい野菜として知られています。
ごぼうにはクロロゲン酸が含まれており体脂肪の燃焼を促す働きが知られております。
紫人参は、アントシアンが豊富で抗酸化作用が高く、心血管や肝臓、腎臓などの炎症を保護することが知られています。
ビーツの栄養は鮮やかな赤色成分が特徴で血液や身体の細胞に酸素を届け代謝アップを助けることが報告されています。
紅大根にはアントシアニン系色素のペラルゴニジンアシルギリコシドという成分が含まれており眼精疲労や抗炎症作用などが知られており通常の大根より栄養機能が得られることが知られています。
小松菜は、ほうれん草と同様に鉄分が豊富な野菜で、ビタミンやミネラルをバランス良く含まれてた野菜です。
赤ピーマンのビタミンC量はレモンよりも圧倒的に多く、野菜の中でもトップクラスのビタミンC含有野菜です。ビタミンCにはメラニンの沈着を防ぎ、肌の張りを維持するコラーゲンの生成を促す作用が知られています。

【一般的な5種の野菜の特徴】
ケール、ビーツ、紅大根、ほうれん草、紫人参などは、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善に役立つ栄養素が豊富です。ケール、ほうれん草はフラボノイド系の栄養成分が豊富に含まれており、加齢により体内で過剰に発生する活性酸素を抑えてくれます。
紫人参・紅大根に含まれるアントシアンは鮮やかな赤色をしており、抗酸化作用が高いです。ビーツは血液や身体の細胞に酸素を届け、代謝アップ、心血管や肝臓、腎臓などの炎症予防、眼精疲労や抗炎症作用にも期待できます。

【やさいパステル公式オンラインショップ】
https://shop.yasaipastel.jp/

【はじめてのやさいパステル】
https://yasaipastel.com/n/n1f3fef734660?magazine_key=mc9e28bbc70bd

やさいパステル【公式ショップ】/緑黄色野菜の新習慣

今日は彩り豊かな1日になりそうです!
6
「野菜とテクノロジーを駆使して社会課題を解決する」をビジョンに掲げるOmoi Foodsのメディアです。やさいパステルに関わる人たちの「Omoi」を届け世界平安を実現します。

こちらでもピックアップされています

やさいパステルの選び方
やさいパステルの選び方
  • 5本

やさいパステルのラインナップについて説明しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。