見出し画像

【創業者の想い vol.5/5】 フードテック企業としてのOmoi Foods

宇土「最近は、フードテックの分野では、例えば「バッタやコオロギをプロテインにしていく」というような流れがあったりします。「人口増加とともに、食糧難に備えよう!」ということで、「供給量や供給効率を上げる側面」に焦点を当てた一つの考え方かとは思うのですが、私たちのようにユーザーインタビューを重視した場合、「コオロギやバッタを食べたいか?」と一般の方に聞いたら、現在はまだ「おいしい野菜を食べたい!」という人の方が圧倒的に多いと思います。なので、まずは現在のテクノロジーでできることを優先したほうが良いように思います。」

岩崎「食生活は国や地域、家族の文化だと思います。それを大きく変えることを迫るのは好ましくないと思っています。臨床現場でも「食べてはダメ」というフレーズにストレスを感じている患者さんを多く見てきましたし、若い女性がメディア情報から強迫観念で摂食障害になるケースが増えています。やっぱり美味しいものを食べたいですし、楽しい食卓にしたいものです。食べることや特定の食品を善悪で議論せず、自分を生かすために頂く動植物の命に感謝して笑顔で食べる文化は美しいと思います。つまり、健康活動を実践しやすく、また食文化の良い部分を後世に残していくことにもフードテックというものが貢献できると考えています。」

宇土「僕たちの事業は“廃棄野菜の減少”に貢献できますし、“個人の野菜摂取量の増加”にも貢献できます。結果的に、健康寿命の延伸にもダイレクトに貢献したいと考えています。」

宇土_2png

【やさいパステル公式オンラインショップ】
https://shop.yasaipastel.jp/

インタビュアー:小林弘輝
Omoi Foods株式会社
宇土善之(Udo Yoshiyuki) 共同創業者 CEO / 柔道整復師 / 鍼灸師 / 山口大学大学院技術経営研究科所属
岩崎真宏(Iwasaki Masahiro) 共同創業者 CNO / 医学博士 / 管理栄養士 / 臨床検査技師 /一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会代表理事

読んでくださりありがとうございます!
4
「野菜とテクノロジーを駆使して社会課題を解決する」をビジョンに掲げるOmoi Foodsのメディアです。やさいパステルに関わる人たちの「Omoi」を届け世界平安を実現します。

こちらでもピックアップされています

創業者の想い
創業者の想い
  • 5本

創業者の想いについてのまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。