見出し画像

【五輪メダリスト朝原宣治の想いvol.1/3】

北京オリンピック100mリレーの銀メダリストである朝原宣治さんがOmoi Foodsのビジョンに共感し、エンジェル投資として出資し、普及活動にも協力しています。
その背景には、朝原さん自身が社会に貢献したいという想い、そして社会に貢献しようと努力している起業家を応援したいという想いがありました。
今回、朝原さんにアスリート時代から現在、食生活の変化や食事に対する想い、そしてOmoi Foodsの活動に期待することについてお伺いしました。
ぜひご覧ください。


<五輪メダリストである朝原宣治がOmoi Foodsに協力する理由を教えてください>
僕自身元々真剣にスポーツをしてきました。競技を行う上でトレーニングは非常に大切ですが、食事と休養、リカバリーもものすごく大事です。
僕は健康の尖ったかたちが、アスリートだと認識しています。健康でないといけないし、健康なだけではいけないのがアスリートです。

競技を辞めてから改めて、アスリートが体を作ったり、頑張る気持ちを保ったり、必要な栄養を食べたりすることは、人間本来の活動だと強く興味を持っています。陸上競技を普及させるだけではなく、社会全般にとって良いことは広げていきたいですし、模範となるような生活をしたいと、選手を終えてからずっと思っていました。
栄養士の岩崎先生と農業体験をしたり、農業を広げるためにアスリートが関われるような支援制度を試みたり、様々な取り組みを行う中でOmoi Foodsさんと出会いました。

野菜をそのままパウダーにした“やさいパステル”という野菜加工品は、一般的に流通しているサプリメントでは野菜が本来持っている栄養やその力を出しきれていない現実や、野菜の賞味期限(日持ち)の問題などを解消でき、農家さんも助かるのではないかと思っています。
野菜の栄養素をそのまま運べて、しかも日持ちするという商品は、アスリートが大切にしている食事や休養という要素とのマッチ感が非常に高いと感じています。トレーニングをしている方にもぜひ広めていきたいと考えています。

Omoi Foodsを創業した岩崎先生と宇土さんは、アスリートのようなストイックな突き進み方で親近感を感じます。世の中のために役立つ、本当に良いものを薦めよう、人間が本来持っている自然な力を高めようという本質を追い求める気持ちは、私も同じです。
起業家はアスリートと同じとも思っています。努力とチャレンジを繰り返して、走り続ける姿勢と結果には、多くの人が感動してくれます。そして恩返しのようにまた走り続けています。

想いを共にしながら、社会に良い影響を与えていきたいと思っています。

【五輪メダリスト朝原宣治の想いvol.2/3】
https://yasaipastel.com/n/ncee483293e66



とっても嬉しいです!
3
「野菜とテクノロジーを駆使して社会課題を解決する」をビジョンに掲げるOmoi Foodsのメディアです。やさいパステルに関わる人たちの「Omoi」を届け世界平安を実現します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。